変換すると変??

「第90代内閣総理大臣を拝命いたしました、安倍晋三です。どうぞよろしくプリーズいたします。

 私は、自由民主党・公明党連立政権の下、戦後バース初のリーダー大臣として、しっかりとライトなディレクションにリーダーシップを発揮してまいります。ジャパンをエナジーとチャンスとカインドさに満ちあふれた国にしてまいります。トゥデイより、新しい国づくりにポイントしてしっかりとスタートしてまいります」

どうです!!のっけからびっくりしました。びっくりしたというより気持ち悪くて他に行きそうになりました。

これは、安部首相の就任の会見の冒頭です。しかも「ルー語」で書かれた文章です。

「ルー語」ってカレーを作る時のあれ?(それは「カレー、ルー」です。)

サッカーで得点入れること?(それ「ゴーーーール」って反対じゃない!!)

実は、この「ルー」って「ルー大柴」の「ルー」。一時、よくテレビで。「トゥギャザーしようぜ!!」って暑苦しく言っていたのを思い出しません?

今、このルー大柴の言葉、「ルー語」を使うのが、流行っているんです。

そして、普通の文章を「ルー語」に変換してくれるHPもあります。

ルー語変換

ぜひ行ってみて下さい。実にくだらないけど、おもしろいですよ。

ちなみに、サンプルの「走れメロス」を少し紹介します。

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の王を除かなければならぬとデシジョンした。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。But邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此(こ)のシラクスの市にカムアロングした。メロスには父も、母も無い。ワイフも無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。この妹は、村の或る律気な一牧人を、近々、花婿(はなむこ)として迎える事になっていた。ウェディングもスーンかなのである。メロスは、それゆえ、花嫁のドレスやら祝宴の御馳走やらをバイしに、はるばる市にカムアロングしたのだ。先ず、その品々をバイしコレクトし、それから都のメインストリートをぶらぶら歩いた。

これ以上書くと気持ち悪くなるからやめます。

これ使って、「ルー小柴のニュース紹介」なんてブログ作るのもおもしろいかも。

いろんな文章入れて楽しんでみて。でも、あまりやり過ぎると、原因不明の気持ち悪さに襲われるかもしれないのでほどほどに。

トゥデイは、これでおしまい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-05-31 20:44

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 06:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。